読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バックパッカーに向いてない人

バックパッカーに向いてないバックパッカーがお届けする旅に役立つ?情報ダイアリー

【旅の支度】覚えておくと役に立つかもしれないこと

 

おっすおっす、えせバックパッカーのみゆきです。

 

今回は自分の経験上の使えるかもしれないことをいくつか書いておこうと思います。

旅慣れてる人には当たり前かもしれませんが、一応知らない人や自分用のメモの為ということで一つよろしくお願いします。

 

役立つかもしれないこと、その1

ハーイ!と挨拶すること

…です。基本的なことですね。

f:id:esepacker:20170313225348j:image

我ら、日本人。恥ずかしがり屋な人たちだと言われています。たしかに見ず知らずの人に挨拶するのは少し億劫です。

でも、例えばホテルやゲストハウス、ドミトリーに泊まった際はスタッフの人や、すれ違う人にも笑顔でハーイと挨拶しといた方がいいです。とりあえず旅先で関わる人には笑顔でハーイ!^ ^

もちろん義務ではありませんし、しない人も普通にいます。

でも笑顔でハーイ^ ^と挨拶しあうだけでお互い悪い人ではないなと分かります。これはバックパッカーとして、意外と大事なことだと思ってます。

ハーイ!が難しいなら笑顔で会釈するだけでも周りの人の対応はけっこう変わると思います。

旅先で出会う人たちとはお互い、異文化な異国に住んでいるので考え方も言語もきっと違います。でも笑顔とハーイ!だけは割とどこでも通じてます(笑)

笑顔ってだけでお互いの緊張も少しほどけるのかもしれませんね。笑顔ってすごい。

 

役立つかもしれないこと、その2

行き先に迷ったら宿泊先のカウンターへ

 

旅では行き先に迷ったり予定組みで悩んだりすることが多々あります。

そんな時は泊まった宿のカウンターへ!

彼らは旅行客を相手に商売しているので街の情報に詳しかったりツアーなんかも組んでたりします。

困ったら話を聞いてみるのも手です。

 

役立つかもしれないこと、その3

ツアーはなるべく現地から申し込む

 

これは単純に値段が安いからです。日本で旅行会社経由で申し込むと手数料とかでエゲツない金額を取られます。その点、現地ではその手数料分が浮きます^ ^

 

役立つかもしれないこと、その4

空港や銀行の為替レートはウンコ

 

すこぶる悪いレートです。極力使いたくないところですね(-_-;)
ただ、空港や銀行は信頼のおける場所ではあります。
自分だったら現地の両替所を探してそこで代えるか、ウェブ上にある為替サイトで代えます。
一応、自分の使ったことのあるサイトを載せておきますね。

外貨両替ドルユーロ-お得で便利な外貨宅配

たぶんマイナーな国の為替じゃない限りは使えると思います。

使い方はネットで、代える外貨と料金を指定して会社へ郵送したり振り込んだりするんだそうです。自分は郵送してます。空港よりは断然良いレートでした。というか空港とか銀行のレートは本当に悪い。ちょっと怒れてきます(`_´)

空港で何万円も代えるとなると、日本円に戻すとき割と痛手になります。

海外へ旅立つことが1ヶ月くらい前から決まっているのなら先に両替しておけば、空港で代えるよりお得ですね^ ^

 

 

役立つかもしれないこと、その5

初日の宿は事前に予約しておく

 f:id:esepacker:20170313225420j:image

たぶんこれに関しては人によってやり方が違うと思いますが、自分は初日の宿だけ日本でとって後は旅先の宿に出向いてカウンターで宿泊費を聞いて泊まるか決めます。

到着日はドタバタするしフライトの疲れもあるので宿を探す労力を抑えてます。

 

日程全ての宿を日本で予約してしまうと、スケジュールが動かしづらくなるかも。

そして組んだスケジュールに追われてるような気がしてきます。

というか自分の場合がそうでした(・・;)

 

もちろん、全ての宿をあらかじめ抑えておいてスケジュールをガッチリ組むのもアリだと思います。

これはバックパッカーやってる間に自分にあった旅の仕方がなんとなく分かってくるんじゃないかなと思います!

自分は朝起きた気分でその日の予定を決めたりしてました。気分って旅では肝心だったり。

 

役立つかもしれないこと、その6

近づいてくる饒舌な人は怪しい

 

一見フレンドリーな人なのかな?と思いますが違います。よく喋るそいつはあなたのお財布と話しているのかもしれませんよ!(o_o)

もちろん、そうじゃない人もいます。でも、やたら饒舌なタクシードライバーや、露天商はボッタクリなどのやましい気持ちを隠していることもあります。

フレンドフレンド言って近づいてくる人には注意が必要です。

 

役立つかもしれないこと、その7

勇気を出してみる

 

言うのは簡単だけど実行に移すのは難しいんですよね〜(・・;)

しかも、けっこうリスキーです(笑)

でも旅を良いものにするには欠かせないことだと感じました。

 

ゲテモノに挑戦、仲良くなった人についていく、困ってそうなトラベラーに声をかける。

 

どれも一長一短、思い切りもバックパッカーには大事なんじゃないかと思ってます。

 

困ってそうな旅人に声をかけてくれる人は割といます。良い人でも悪い人でも声をかけてきます。

自分は『よっしゃ、助けてやる。ついてきな!』って人について行ってしまうこともあります。話を聞いて、まあ信用してみようと判断することも多々あります。

あまり度がすぎると怖い目にあうかもしれませんが素敵な出会いもあります。

書いていて、自分もなかなか平和ボケしてるなと気付かされます(笑)

でも、そうやって結局ステキな巡り合わせを体験してしまっています。リスクを伴うのでオススメはしませんが。

自分も今後の旅では気をつけます!(`_´)

 

どうか、みなさんも良い旅をして欲しいです。

自分は1人でしか海外旅行したことがないのですが、何人かで行くと色々助け合えて便利だと思います。

現に欧米バックパッカーたちはカップルや友人と旅している人も多いです。

 

では、Good luck♪(´ε` )

f:id:esepacker:20170313231751j:image

(写真はバックパッカーの聖地カオサン通り)